SSブログ

福山雅治主演月9「ラヴソング』ヒロイン藤原さくらとはどんな人? [ドラマ]

4月から放送が始まる月9ドラマ『ラヴソング』

福山雅治さんが3年ぶりに連続ドラマ主演すると

いうことで、話題になっていますね。

先日、主要キャストも発表され、

その中でも、福山雅治さんの恋人役を

演じる藤原さくらさんは“ニューヒロイン誕生!!”
と話題になりました。

そこで、ヒロインの藤原さくらさんについて、

書いていきたいと思います。


【藤原さくらプロフィール】

生年月日:1995年12月30日

出身:福岡県

所属事務所:アミューズ


音楽を始めるきっかけになったのが

10歳の時に、父親から、クラッシックギターを

プレゼントされた事だそうです。
sakura1_s.jpg
http://www.barks.jp/news/?id=1000115608 写真引用

中学に入り、バンドを結成。

父親がベース、ドラムは父親の友人の息子

というメンバーでスタジオ練習を始めました。

高校に入り、タップをしているドラムの子から

タップのLIVEに誘われ、その子が一生懸命に

タップをしている姿を見て、

“このままの自分ではダメ”と思い、

ボーカルスクールに入る事を決めました。


そして、福岡のボーカルスクールVOATに入学。

入学してすぐに、学校主催の全国にあるボーカルスクールの

オーデションに応募しました。

オーデションの課題として、オリジナル曲が3曲必要となり、

その時、初めての曲を作ったそうです。


入学して、2ヶ月で第3オーデションに合格。

全国から選ばれた10名のメンバーの中に入り、

東京大会に出場します。

東京大会ではノラ・ジョーンズの曲を歌い、

見事、大手プロダクションの育成契約を射止めました。

そして、長期の休日を利用しながら

東京で特別レッスンを定期的に受けながら、

力を付けてきました。



スポンサーリンク












2014年、アミューズ事務所の夏フェス『BBQinつま恋』に出場。

透き通るような歌声を披露して、

「和製Norah Jones」と周りの人たちを唸らせました。


2015年3月18日、SPEEDSTAR RECORDSより

ミニアルバム『[à la carte』でメジャーデビューを果たしまし、

2016年2月、初のフルアルバム『good morning』をリリースしました。


そして、今回の『ラヴソング』のオーデションでは

約100の応募者の中からヒロイン役を射止めたわけですが

藤原さくらさんは、演技経験が全くないにも関わらず、

歌を披露したところ、抜群の歌唱力で

審査員全員が驚かされたそうで、

ドラマのヒロインに選ばれたということです。
20160222144816.jpg
http://jyun.hatenadiary.jp/entry/2016/02/22/173338 写真引用
オーデションでは福山雅治さんと

ギター演奏でセッションしましたが

その時、福山雅治さんが彼女のギターに

引き込まれ、楽しく演奏が出来たと言ったそうです。


藤原さくらさんは合格したときに

次のようにコメントしています


『オーディションに合格したと聞いた時は、 全く信じられなくて、つい最近まで あれは夢だったのではないかと疑っていたんですが、 少しずつ実感が湧いてきました。 演技のことはまだ右も左も分かりませんが、 今回オーディションの時に演じてみて、 純粋にすごく楽しいなと感じたので その気持ちを忘れずに学んでいきたいと思います 』

シンガーソングライターになりたくて上京し、ドラマへの出演。

それも、福山雅治さん主演の月9ドラマの

ヒロイン役に抜擢されたわけですから

本当に、シンデレラガールですね。

4月から放送が始まれば益々注目されることでしょう。


タグ:ラヴソング

いつ恋 第5話ネタバレ・感想 ~号泣する小夏に感動!小夏は凄い~ [ドラマ]

有村架純さん主演の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

第1章が5話で完結しました。

第5話のネタバレと感想を書いて行きます。



スポンサーリンク










【いつかこの恋 第5話ネタバレ】


朝陽に会いたいと呼び出され、音が行ったのは屋上。

そこには星を見るために望遠鏡が置いてありました。

望遠鏡を覗きこみ、星を見ている音に朝陽は

僕を好きにならないか?と告白します。

片想いじゃなくて、僕とだったら、

両想いになれるよといいますが

音は良い、返事をしませんでした。


場面は変わり、練と木穂子がアパートに帰ると

晴太と小夏がいました。

二人共、木穂子とは初対面です。

仲の良さそうな練と木穂子を見た小夏は

お似合いのカップルだと晴太にいいますが

晴太は

「そうかな・・・ 恋人には二種類あるんだよ。 好きで付き合っている人たちと、 別れ方がわからなくて付き合っている人たち」

介護施設では音がいつも通り、忙しく働いていました。

音の携帯にメールが・・・・・

施設の人事から雇用契約を3月31日の満了に伴い、

更新はしないという、通知でした。

同期の玲美にも同じ、通知が来ており、

ショックを受けた二人は責任者に詰め寄りますが

全く、相手にしてもらえませんでした。

その事を知った、朝陽が二人の雇用契約を更新

してくれるように本社に掛け合い、

契約更新する事になりましたがその代わりに

朝陽は本社でリストラ対象者が受ける研修をする事に。


静恵の家には偶然一緒になった、

音、練、朝陽、木穂子が食事の用意をしています。

用意が出来て、静恵も含めて5人で食事をしていると

そこに、晴太と朝陽が現れます。

7人で楽しく食事をはじめ、練が晴太に話し掛けます。

「木穂ちゃんの会社の人の話なんだけどさ」
すると、晴太は何を思ったか

「木穂子さんが不倫していた人の事ですか?」
全員凍りつき、一瞬沈黙が・・・・・

「社内で不倫していたんですよね?あれ、違います?」
練は怒って「何言ってるんだよ」

「でも本当のことでしょう、ねぇ、木穂子さん?」と晴太。

なんとかこの場の雰囲気を変えようと音が
「さあ、芋煮、食よ」と明るく声を出します。

よ」小夏が音を睨みつけ

「なんで、話しかえるんだべな!この人!

なーんで話し変えようとするんだべな!!」

朝陽が楽しく食事しようと話すが小夏は

「楽しくない!みんな別に楽しくなけくないべ?

本当は全然楽しくねえべ、みんな嘘着いてるもん!

だって、練が好きなのは木穂子ちゃんじゃない人!

この人だ」と音を指差す。

「嘘ばっか!
皆さんのやっている事楽しくないですよ!全然綺麗じゃないですよ。

不倫して!二股して!

他に好きな人いるのに隠して付き合って。
練と木穂子さんが付き合っているの知っている

のにこそこそ会って!本当の事言いましょうよ
好きなんでしょ。両想いでしょ。いいの?

このままほっておいていいの?
練はいいのかよ。ここに、目の前に好きな人いるのに
全然、好きでない人と付き合っていていいの?」

練が「俺は木穂子ちゃんのこと好きだよ」そして、音に対して

「言ったら、好きなんだったら、好きです!て
言ったら、練 好きよ、練 好きよて・・・好きよ!好きよ!好きよ!好きよ!好きよ!」
号泣する小夏を優しく静恵は抱きしめて

「小夏ちゃんおいで」と声を掛けました。


両手で顔を覆い泣いていた木穂子は

練の顔を見ることもなく、しばらくしてタクシーで

去って行きました。


じっちゃんの事が心配で会津に帰って来た

練は部屋の電球を交換したり、壊れた風呂を直したりと

じっちゃん孝行をして、故郷に帰ってじっちゃんと

一緒に仕事をしたいとしみじみと話しています。


一方、東京では静恵の家に音がいました。

静恵はしずかに音に話し掛けます。

「いいの。追いかけなくて」

追いかけなくてもいいと言う音に静恵は

「練と同じ、クソ真面目なのね。
いいのに行っても、本当に好きだったら、

少しくらいズルしたっていいのに」

すると音は

「私、ちゃんと好きになりました。短かったけど、ちゃんと好きになった。好きだったらそれで良かった。
それが凄く嬉しいんです。ずっと、思っていたんです。私、
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
て、私たち今かけがいのない時間の中にいる。
二度と戻らない時間の中にいるて。それくらい眩しかった。こんなこともう無いから、後から思い出して
眩しくて眩しくて、泣いてしまうんだろうなって」

ナレーションで

『それっきり、彼と合う事はなかった』

何度も音が言っていました。


練が猪苗代の駅に着いた時に、

タクシーの運転手さんが

『坂上二郎さんが亡くなった』

言う場面がありました。

坂上二郎さんが亡くなったのは

2011年3月10日です。

そうです、東日本大震災の前日に練は

故郷の会津に帰って来たのです。

第5話の中でも、次週予告でも震災には全く

触れていませんが、震災で6人の男女の

恋物語に影響していくのは間違いないのではないでしょうか?


【感想 ~小夏に感動】

第5話で一番重要な場面は

6人全員が一緒に食事をする所で

晴太が木穂子が不倫していた事を話し、

小夏が音・練・木穂子を嘘つき呼ばわりする所ですよね。



きっと、晴太と小夏が仕組んで自分達がが悪者になったのでは

ないでしょうか?


小夏の初恋を叶えてあげると約束した晴太は

最初のシーンで、小夏に

「練君が地元に帰りたくなるようにするんだよ

それがダメなら好きな人を階段から突き落とすとか」

と話しました。

そして、小夏は練が会津に帰るように仕向けるため

じっちゃんが怪我をしたと、嘘をつきました。



その時に晴太は練の携帯メールを見て、

練は木穂子に同情して

付き合っているのではないかと思ったのでしょう。


静恵の家で練と音の会話を聞いていた晴太は、

二人が好き同士である事を悟ったと思います。


小夏が練にじっちゃんのケガは作り話で

自分は練の事を諦めるから木穂子と仲良くするように言いに来たと

晴太に話した時に首を横に振ったのには深い理由があったのでしょう。


音・朝陽、練・木穂子が揃って、静恵の家に入って行くのを見た二人は

練の恋を叶えるために、自分たちが悪者になる決意をしたのだと思います。


楽しくみんなで食事をしている時に、親友の彼女が

不倫しているなんて言いたくなかったと思います。


そして、小夏が3人の事を嘘つき呼ばわりしましたが、

本当は自分が一番嘘をついているのもよく分かっていたでしょう。

本当は小夏自身が練の事を好きで、好きでしょうがないのに・・・


きっと、晴太が自分に対して、

『好きだから初恋を叶えてあげる』

一生懸命に接してくれていた事を思うと、

自分も、自分が幸せになるより、大好きな練を幸せに

してあげたいと思う気持ちが強くなったのではないかと思います。

号泣しながら、音に

好きだったら、言ったら。練好きよ、練すきよ、好きよ、好きよ・・・・・
何度も『好きよ』と言っていたのは自分が本当は練に叫びたかった

事だったのではないでしょうか?


晴太から言われ、練を故郷に帰すために嘘をつきました。

そして、それがダメなら階段から彼女を突き落とすと言っていましたが

自分の初恋を叶えるためではなく、大好きな練の恋を叶えてあげるために

木穂子を階段から突き落として、音とくっつけようと思ったのでしょう。

大好きな、練の前で、あれだけの事を言えば自分が嫌われる事が

分かっていながら、徹底的に言い放って悪者に徹した

小夏は本当に辛かったと思います。


そんな小夏の気持ちを察していたのは晴太と

号泣する小夏を優しく抱きしめた静恵だけ

だったのかもしれないですね。


最後に小夏が練の祖父の家を訪ねた時に、

練から冷たくされた時の寂しそうな顔が印象的でした。


美点凝視だと思われるかもしれませんが、

晴太も小夏も性格が良い子たちだと思いますから、

二人の思いはこうだったらいいなあと勝手に

想像している感想でした。

★この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう【月9】ネタバレ&あらすじ                        ◆月9ドラマ『いつ恋』あらすじ&第2話ネタバレと視聴率                         ◆月9ドラマ『いつ恋』あらすじ&第3話ネタバレと視聴率                         ◆月9ドラマ『いつ恋』第3話あらすじ&ネタバレと視聴率 

月9ドラマ『いつ恋』第3話あらすじ&ネタバレと視聴率 [ドラマ]

1年間、名前も知らない「引越し屋さん」を探し続けた音。

やっと、会えましたね。

名前も電話番号も教えてもらい、

今から、二人のラブストリーが始まるのでしょうか???



それとも、最初の頃は毛嫌いしていた介護施設『春寿の杜』の御曹司、

朝陽のことを誤解していたと感じだした音は朝陽のことを

これから好きになっていくのでしょうか???


それでは気になる

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

第3話あらすじと第4話ネタバレをご覧下さい。


スポンサーリンク







【第3話あらすじ&ネタバレ】


木穂子は練のアパートで使うために、

食器や調理器具を購入しています。

カーテンも明るくて、おしゃれな物を買いました。


練のアパートに着いた木穂子と練は早速、

カーテンを取り替え、食器を綺麗に並べながら話が弾みます。


木穂子の勤める広告代理店で大きな企画があり、

彼女のプレゼンが認められて、テレビコマーシャルとして

使われることになったと嬉しそうに練に報告します。


練から「すごいね。おめでとう!!」と祝福され、

嬉しそうに、食器がそろった台所やカーテンを

取り替え、明るくなった部屋をしみじみと見ながら

嬉しそうに微笑みます。


音の勤める介護施設『春寿の杜』では

経営者の御曹司である朝陽が正式に

本社から派遣されて来ました。


朝陽が世話をしている認知症の女性の部屋から

出てくると、責任者がその女性は更新料を

支払っていないので退去してもらうことになったので

世話をする必要ないと言ってきました。


そんな責任者の言葉には全く耳を傾けることなく、

無視をする朝陽でした。


夜勤が終わり、音は子犬のいる静恵の家に向かいます。

偶然、練が出かける所に出くわして、嬉しそうに駆け寄る音。

しかし、その後ろには見たことのない女性の姿が。


「おはようございます」と挨拶する音

「おはよう」

そして、女性(木穂子)を紹介します。

「日向さん。付き合っている人です」


練の言葉に驚きと寂しさが入り混じった表情の音。


音と別れた、練と木穂子はバス停に向かいます。

木穂子から、あんな紹介の仕方をしなくてもいいのに。

この人は他に好きな人がいるけど、その相手は結婚していて

可哀想だから、一緒にいるだけだと言えば良かったのにと言い出します。


驚いた練は

「もう、そうゆうのやめよう。俺だけを見てくれないかな。付き合おう」

と真剣な眼差しで話します。

「気持ちはうれしいよ」と木穂子。


木穂子にとっては大好きでしょうがない練が

真剣に告白してくれたのに何だか意味深な言葉を

残して、タクシーで走り去りました。


静恵の家に着いた音は、練の彼女に会った事を

話しています。1年間探し続けていた、練に彼女がいて

ショックだったのでしょうね・・・・・

そんな音を見て静恵は

「50年経てば、片思いだって宝物になるんだよ」

元気付けようとして話しかけていました。


場面は変わって、カフェテラスでは練の悪友・晴太と幼馴染の小夏が

お茶を飲みながら話していました。

ファッションデザイナーを目指して東京にやってきた小夏は

地元では『おしゃれ番長』と呼ばれていたと話し、

親戚もみんなデザイナーになったらいいと

言われていたと自慢していました。


そんな二人の前に3人の女性が現れます。

晴太の知り合いのようで親しげに話し出す4人。

よく見ると3人の女性は、ファッション雑誌に出ているモデルさん。


晴太がモデルさんと交流がある事を知った小夏は驚いた様子。

晴太は

「東京には小夏ちゃんレベルの子、普通に居るでしょ?」と一言。

その後、小夏を美容院に連れて行き、ブティックで試着をして

楽しむ二人でしたが、試着をした何万円もする洋服を気に入った

小夏は「脱ぎたくない。買いたい」と言い出し、

晴太に儲かるバイトを紹介して欲しいとお願いをして、

お金持ちの男性とカラオケに行って10万円になる、

バイトを紹介してもらいます。



給料が出た練は木穂子に食事に行こうとメールで誘います。

そして、金券ショップではデートするために

『星屑のメロディー』という、プラネタリウムのチケットを

購入して、木穂子を待ちます。


しかし、木穂子は現れず、デートを諦めて帰宅することに。


バスに乗り込んだら偶然音が乗っていました。

練を見つけて嬉しそうにする音。


バス停に着いた二人は自宅のある方向にお互い

別々の方向に歩き出します。

何だか、音は別れが寂しそうな表情です。


しかし、練が急に振り返り、音に声をかけます。

「杉原さん・・・」

嬉しそうな表情で

「はい!」

と振り返る音

「俺、応援してます。俺、あの時からずっと

応援しています。なので頑張りましょう」

「あんたも頑張りな」と手を振って別れました。

本当は、練ともっと話しをしたかったのでしょうね・・・


介護施設『春寿の杜』で仕事をしている音と朝陽。

責任者から今から、朝陽の父親である施設の会長が

来て施設で撮影をすると伝えられた。

入居者と折り紙をして笑顔で優しそうに話しかけている会長。

しかし、撮影が終わると笑顔が消えた。


会長は帰り際に朝陽の目の前を通り過ぎたが

全く、目を合わせることもなく知らんふり。

寂しそうにしている朝陽から

『俺は愛人の子供』だと聞かされ音は驚いた様子。


会長が帰った施設では職員たちに責任者が

朝陽が世話していた、認知症の女性が更新料未払のため、

退去することが決まったと説明。

朝陽は

「ここ出たら行くところないと思うんですけど」

責任者は

「うちはボランティアじゃありませんから」

朝陽は

「だからて金だけのためにやっているわけじゃないでしょう」と反論。

すると責任者は

「文句があるなら出て行ってもらって結構!と会長からのご伝言です。
会長は私に一任して下さいました。」

朝陽は何も言えなくなってしまいました。

そして、施設に子供たちを招いて行う予定であった
『ふれあいパーティー』が都議会議員の講演会に

変更することになったと説明された。



帰宅する練がバスに乗り込むと音の姿が。

両手には沢山の荷物を持っています。

その荷物は介護施設で行うはずだった

『ふれあいパーティー』で招待する子供たちにプレゼント

しょうと、入居者たちが作った品々です。

捨てるように言われたが捨てきれずに、自分で保育所へ

届けに行こうと思って持ち帰って来たという。

練は会社のトラックで一緒に届けに行こうと提案。

プレゼントをもらった子供たちは大喜びしてくれた事で

二人も良かったと満足気。

トラックの中で二人は恋人のように話が

弾み、楽しそう・・・・・


そんな二人の目の前に練の恋人・木穂子が

男性と一緒にタクシーに乗り込み、キスを・・・

その姿を音は気づくが、練は気づかなかった。


保育所にプレゼントを届け終わった二人は、

観覧車に乗りに行くことにしたが残念ながら

営業時間が過ぎてしまい乗れなかった。


その時、木穂子と一緒に行くために買った

『星屑のメロディー』のチケットが練のポケットから

風で飛ばされます。チケットを追いかけ拾い上げる音。

近くからピアノの演奏が聴こえてきました。

二人はしばらく、その演奏を聞きながらおしゃべり。

演奏が終わり、帰宅するトラックの中で、

音がさっき拾って持っていた『星屑のメロディー』の

チケットを練に渡します。


「彼女と行くチケットでしょ?・・・ちゃんと行かないと」

「彼女っていうのかなぁ」

「彼女でしょ!好きな人なんでしょ?」

「優しい人です。仕事頑張っていて、尊敬できて」

「好きってそういうのと、ちゃうよ、説明するんは好きと言うのとちゃうよ」


怒ったような表情でトラックから降りようとする音。


すると練は

「彼女には好きな人が別に居るんで。

恋人がいて、それが上手くいかないから俺といて、

俺もまあ、そういうあれなんで」

「がっかり。もう、ええわ!アホ!」とトラックを降りた音。

帰るかと思われた音は急に運転席に乗り込んできて、

練にキスを

「好きやからに決まってるやん、

引越し屋さんの事好きだからに決まってるやん」



アパートに戻った練のところに酔った小夏が現れた。

派手なメイクをして、高級な服を着ている小夏。

かなり、酔っている様子で、

カラオケするだけで10万もらえる、

アルバイトをしている話や、モデルとして写真撮影をした

話を嬉しそうに話す。

しばらくすると晴太が現れて

「「練君お風呂借りるね」と風呂に入りに行った。



練の携帯に電話が鳴った。木穂子が病院に運ばれたと

連絡を受け、急いで病院に駆けつける。

一緒にいた男性に突き飛ばされて怪我をしたという。

看護師から検査中なので待合室で待っているように言われる。


木穂子からメールが来ていたことに気づいた練。


電話だと勇気が出なかったのでメールします。


あのね、わたし、練にたくさん嘘をついていました。

広告代理店だというのは本当だけど、

練に話していたような仕事はしていません。
わたしの仕事は、デスクの事務です。


企画会議には呼ばれない仕事です。

練に会いにいく時、私は駅のトイレで着替えています。

トイレの鏡でお化粧しています。


東京の大学に入って、男性と付き合いました。

彼は自分の友人にわたしを紹介しませんでした。

初めて寝た夜、彼がいいました。

「お腹空いたからおにぎり買って来てよ」
一生こうなんだろうなと思いました。

誰にとっても特別な存在になれないのなら、

初めからそのつもりで付き合えばいい。
そうして出会ったのが今の恋人なんです。

何も期待せず、望まずにいられる関係。



練、あなたと付き合いたい。あなたを恋人だと思いたい。

買ったばかりの新しいペンで思う存分、あなたを好きだと綴りたい。

今から彼に別れを告げてきます。
もう、駅のトイレで着替えるの止めます。
地味なわたしを見たら驚くかもしれないけど

その子が本当のわたしです。

じゃあね。あとでね。


検査室から出てきた木穂子は顔中傷だらけで化粧はしていません。

木穂子に声を掛ける練に

「木穂だとわかるの?」と顔を隠しながら話し、

泣きながら病室に木穂子が入って行きました。


練の家では風呂に入っている晴太の所に酔っ払った小夏が

服のまま入ってきました。

「あんたに何がわかるの」小夏。

「だって俺、小夏ちゃんの好きな人知ってるよ」

「好きになってくれる人を好きになれたらいいのに・・・」

「それはこの世で一番難しい問題だね・・・」

【視聴率】

第3話の視聴率は10%でした。

何とか、2桁の視聴率を出しましたが、まだまだこんなものでは

ないかと思います。第4話からは少しずつ視聴率は上がって

くるのではないでしょうか。

福山雅治、結婚後ドラマ初主演!月9『ラヴソング』あらすじ [ドラマ]

福山雅治さんが結婚後初のドラマ主演することが分かりました。

4月スタートのフジテレビ月9ドラマ『ラヴソング』

ミュージシャン役に挑戦します。

2015年9月に吹石一恵さんと結婚して、私生活も充実している

福山雅治さんですから楽しみなドラマになるのではないでしょうか。

福山雅治さんがドラマ主演するのは、2013年4月に放送された

フジテレビ月9ドラマ『ガリレオ』以来、3年ぶりになります。

それでは『ラヴソング』のあらすじを見ていきましょう。

660_fukuyama1.jpg
http://www.barks.jp/news/?id=1000104603 写真引用


【あらすじ】

元プロミュージシャン神代広平(福山雅治)が主人公。

神代広平は過去にプロデビューした事があるが

惟一のヒット曲があるものの、それ以外の曲では

ヒットに恵まれず、レコード会社との契約を打ち切られてしまう。

広平は自分の才能に限界を感じて、音楽業界から離れいった。


20年が経ち、今は音楽とは距離をおいた生活をしている、

今だに、音楽への情熱を完全に断ち切ることが出来ないままに

退屈な日々を過ごしていた。

私生活ではルックスの良い広平は多くの女性と

付き合いはするものの、過去の恋愛の影響で心を

他人に許すこと出来ず、真剣に向き合うことが出来る

女性と出会えずにいた。

独身のまま40代になり、音楽にも女性にも真剣に

向き合えることが出来ず、何ひとつ成し遂げることが

出来ないまま人生を過ごしてきた広平の前に

一人の女性が現れた。

その女性はあるコンブレックスを持っており、悩み苦しみ

孤独を背負った人生を過ごしていた。広平と同じく人生に

嫌気を差していた。しかし、彼女の歌声は天賦の才能があった。

そんな彼女と知り合った広平はもう一度ミュージシャンとして

挑戦してみたいと考え出すようになる。

彼女を通じて再び音楽と向き合った時、公平の人生が

少しずつ変わり初めて行った。



『ラヴソング』の演出は『ガリレオ』を手掛けた西谷弘さん、

プロデュースが同じく『ガリレオ』の鈴木吉弘と

ガリレオメンバーが再集結したドラマです。


【福山雅治さんのコメント】

待ちに待った西谷監督とのドラマ作りがどんな作品になるのか、

その期待に胸が昂ぶっています。人が人を想う時、

日常の風景が、そして人生が輝き出すような、そんな作品になれば。

この春どんな「ラヴソング」を演じることができるのか、

皆様に楽しんでいただけるよう、僕自身も楽しみながら精一杯頑張ります。


福山雅治さんのコメントからわかるように、3年ぶりに

西谷弘さんと一緒にドラマを作っていくのが楽しみだと

いう、ことが伝わってきます。ご本人もかなり気合が入って

いるのではないでしょうか・・・・・


また、プロデューサーの鈴木吉弘さんも

『誰もが待ち望んでいたにもかかわらず、
これまで長い間、見ることができなかった福山雅治さん
主演のオリジナルドラマがついにこの春、月9に登場します。
『ガリレオ』の演出家・西谷弘との再びのタッグで、
新たなキャラクター像、新たな世界観を作り出してくれることでしょう。
春にふさわしい爽やかな、夢あふれる物語になります』

とコメントしています。“夢あふれる物語”になると

自信持って話していますから本当に楽しみなドラマに

なるのではないでしょうか?


『ガリレオ』の平均視聴率は19.2%と高視聴率を出しました。

初回では22.6%を出し、良いスタートをしましたから

『ラブソング』の初回はそれ以上の視聴率を目指すと思います。


主人公がミュージシャンですから福山雅治さんの

素晴らしい歌声も聴けますよ。

まだ、発表されていませんがヒロインの歌声は天性の才能が

あるという、設定ですのヒロインの歌も気になりますよね。


そして、主題歌にも注目が集まるのではないでしょか。


タグ:ラヴソング

月9ドラマ『いつ恋』あらすじ&第3話ネタバレと視聴率 [ドラマ]


有村架純主演、月9ドラマ

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

第2話視聴率は9.6%でした。

第1話よりも2%低くなってしまいました。

そんんな『いつ恋』第2話あらすじと第3話ネタバレをまとめました。


スポンサーリンク







【第2話あらすじ】

音と練は東京に着いてすぐに、離れ離れになってしまった。

『引越し屋さん、何処にいますか?』


寂しい人を見るとほっておけない性格の練は

ひとり暮らしのおばあさん仙道静恵(八千草薫)の家に

出勤前に立ち寄り、庭の手入れをするのが日課になっていました。

静恵の家に泊まることもある練はある日、小学校の時の夢を見ていた。

学校が終わり、畑仕事をしている大好きな祖父・曽田健二の

手伝いをするために、畑に向かいます。

カバンを投げ出し、鍬を持って畑仕事を手伝い出すと、

健二は「坊主、畑に来るんじゃねぇ!お前は勉強するんだ。勉強!」

しかし、畑仕事をやめない練を見て健二は
「勝手にしろ」

畑仕事をしながら健二は練に話し掛けます。

「おめえは親がいねぇ。だから土さぁ~触って生きろ。

よく寝てよく食べてよく働くんだ。
山がおめえを守ってくれんべ。おまえはここで生きるんだ。

さすけねぇ、さすけねぇべ」

朝、目覚めた練の横には悪友の晴太が寝ています。

そして、幼馴染でデザイナーを目指す市村小夏(森川葵)の姿もありました。

hqdefault.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=1m8nIjb39WM 写真引用

東京に来て一年経った音は練が住んでいる街、

雪が谷大塚駅から徒歩20分のところにある、

6畳一間のアパートに住んでいた。

東京に着いてすぐに勤めだしたガソリンスタンドを辞めた音は

介護施設『春寿の杜』で働き初めていた。

給料は手取り14万円、残業代なしの厳しい条件・・・

人手が少なく、施設の中を重い荷物を持って走り回り、

慣れない手つきで、介護する入居者を車椅子からベットへの

移動など、忙しい仕事で毎日ヘトヘトになるまで働いていた。

そんな、忙しい中でも、雪が谷大塚駅前に立って

1年前に離れ離れになった、練を探す日々を送っていた。


洗濯物は駅前のコインランドリーを使っている音と練。

しかし南口、そして練は北口のコインランドリーを使っており

近くに居るのにすれ違いの日々が続いています。


練は1年前と同じく、運送会社で働いています。

ある日の引越し作業中

荷物を先輩の佐引に「天地無用です」と手渡します。

しかし、佐引はその荷物を雑に扱い、逆さまに積み上げてしまいます。
「それは駄目ですよ」と練。

佐引は引越し主の女性に「この中身はなんですか?」と尋ねると

女性は「なんだっけ?大丈夫大丈夫」と応える。

結局は練の言葉を無視して荷物は逆さまのまま。

荷物を部屋に運び入れ、その荷物を練が開けると中身はスピーカでした。

後日、お客様からスピーカーが壊れているとクレーム。

社長の柿谷嘉美(松田美由紀)から誰が設置したのかと尋ねられ、

練は「設置したのは自分です」と応える。

すると、社長から198、852円のスピーカーの請求書を手渡された。

納得出来ない練は修理代は保険で支払うのではと言い寄ると

嘉美は「今はどこの従業員も自腹だよ」と練に弁償するように言われる。

その場にいた張本人の佐引は全く知らないふりをして

全ての責任を練に押し付けた。


一方、音も介護施設で相変わらず忙しく働いている。

仲の良い、新人の船川玲美(永野芽郁)は仕事が忙しくて

一週間彼氏と連絡が取れていない、別れようかと悩んでいると話し出す。

「1週間」と驚く音。自分は1年も待っているのにと・・・・・

急に、マネージャーが来て玲美に今日、遅番を頼むと言い出す。

困ったような表情の玲美。

きっと、今夜は彼氏に連絡をして会うつもりだったのでしょう。

そのことを察した音が

「私、今日遅番やります」

玲美は「ごめん、来週その分フォローするから」

「簡単に別れたらだめだよ」と音。

o0552034013511913313.png
http://ameblo.jp/nikkukouenn/entry-12106304819.htm... 写真引用

老人たちが集まる憩いの場で、バスケットボールで遊んでいる男性、井吹朝陽(西島隆弘)。

井吹朝陽はこの施設を運営するグループ会社会長の御曹司。

ドリブルをしている音が鳴り響き、驚いた音が注意をする。

「ご家族の方ですか?ぶつかったら危ないので」
「そんなミスしないよ。文句あるのだったら取り上げてみたら」

「取っていいんですか?」
「ほら可愛い顔して怒らないの」

音はドリブルしている朝陽から簡単にバスケットボールを奪い取ってしまう。

「もっとふわふわした物で遊んでください」
「すっげー。はい、君の勝ち」

と自分の使っていた数百万円する高級時計を音に手渡し立ち去る。

高級車の後部座席に乗ろうとしている朝陽を追いかけ時計を返しにきた音に

朝陽は「会ったことあるよね?」と。

「いいえ」

実は音が東京に来てすぐに、働き出したガソリンスタンドに朝陽が

給油しに来たときにナンパしていたのですが音は全く覚えていません。


朝陽は「今度、一緒にご飯に行こう」と食事に誘う。

音はムッとして運転手に

「ご飯行きたいそうです」と伝え車から離れました。

施設の先輩二人が慌てて駆け寄り

「失礼はなかった?」と聞くと

音は「失礼なことされました!!」と怒る。

先輩から、今の男性はこの施設の井吹社長の御曹司だと聞かされ、

女性スタッフからは自分もナンパされたことがあると聞かされた。

先輩スタッフから

「音ちゃん、御曹司に気に入られちゃったんじゃないの?」

茶化された音はムッとした表情で仕事場に戻って行きました。


仕事が終わり、駅前のスーパーに立ち寄る音。

そこには買い物をする練がいたが二人共気づかずにすれ違いが続く。


練は毎日、悲しげな声で鳴いている

近所で飼われている子犬が気になっていた。

餌も満足にもらっていないようでいつもお腹を空かしている

子犬に帰宅途中に毎日餌をあげています。

ある日、飼い主の女性を見かけた練は

子犬を部屋の中で飼ったらどうかと話すと

「お前が保健所に連れて行け!!」と怒鳴られてしまった。

全く愛情のない飼い主の言葉に子犬が可哀想に思い

餌をあげながら「うまいか。また来るからな」と自宅に向かう

アパートに帰るとドアの前に日向木穂子(高畑充希)が待っていた。

t02200329_0292043713495845781.jpg
http://ameblo.jp/mitsuki-takahata/entry-1210024881... 写真引用

食事をしながら木穂子は

「女に食器とか勝手に持ち込まれるのは嫌?」と聞きます。

「あんまり作らないから」

「包丁なんて安いよ」

そして自分のコートを指差し、

「このコート一着でこの家のキッチン用品と家具を全部揃えられる」

「高いんだ」

「うん、20万」

驚く練は木穂子にはこんなボロアパートよりも派手な生活の

方が似合うと話すと。

「恋愛てさ、衣食住の順番で来るの。恋愛は最初は着るものなの
次に食べるものになって、最後に住むものになるの」

「私、もう着る恋愛はいらないの、恋は食べるもの」

なんか木穂子が練に抱く恋心が伝わってきますね。

部屋を見回して木穂子は

「カーテンも替えたいなあ」


同じころ

晴太と小夏がレストランで食事中。

幼馴染の小夏は晴太に練の話しをしています。

練は畑仕事が大好きで祖父の農家を継ぐのが夢だった、しかし20歳の時に

祖父が騙されて土地を取られてしまい、連は東京に出てきてお金を稼いで

土地を取り戻すため、それが練の夢だと。

5年も経つのだからたまには帰った方がいいのにと・・・・・・・

そんな小夏に晴太は

「練君は帰らないよ。帰ると気づいてしまうじゃん、夢が叶わなかったことに、

東京は夢を叶えるための場所じゃないよ。夢が叶わなかったことに気づかずにいられる場所だよ」

そして

練の恋人・木穂子の話に。

「練君あの女の人のこと別に好きってわけじゃないんじゃない」

「どういうこと・・・・・・・」

img05.jpg
http://www.fujitv.co.jp/itsu_koi/story/index00.htm... 写真引用

一方、音はコインランドリーへ。

しかし、いつもの雪が谷大塚南口店はあいにく改装中。

そして、練が行っている北口店へ・・・・・

その頃、木穂子と食事の終わった練はコインランドリーに行くついでに

木穂子を駅まで送って行こうとする。

その時、木穂子が

スピーカーの弁償代198、852円の請求書を見つけてしまう。

練は「何見ているの?」と聞く。

「手ブラ好き?」

木穂子は女性が手で胸を隠している表紙の雑誌を練にみせる。

「それ俺のじゃない」

きっと晴太の雑誌でしょう。

「手ブラ、手ブラ」

はしゃいでいる二人は倒れ込む。

、見つめ合う二人。

「泊まらん方がよか?」

練は頭を左右に振る。

「嫌って言っていいんだよ。

泊まらんほうかよか?

私、練の優しさに付け込んでいるだけだから」

頭を左右に振り応える練。

「朝バスで一緒に出勤しようか」

「余計なこと教える人がいるんだよ。彼、奥さんとの間に二人目が出来たんだって。

今、練にまで見捨てられたら私、死んでしまう」

『彼』とは木穂子好きな人なのでしょうか?

それとも練も公認している不倫相手なのでしょうか???

抱き合う二人。

「温かいね。練の体温・・・」

木穂子の手には請求書が握られていた。


『春寿の杜』のスタップルームでは

玲美が遅刻なのか無断欠勤なのか分からないが

出勤して来ないとマネージャーが・・・・・

玲美と仲が良いというだけでマネージャーは音に

玲美が来なければ代わりに仕事をするように命じる。

夜勤明けで24時間勤務になると、マネジャーに告げる周りの

スタッフの言葉をマネージャーは全く聞こうとしません。

音は仕方なく、マネージャーの言葉を承諾します。

結局、玲美は現れず、遅番をする事になる音はもう体力の限界です。

入居者の家族が引き取りに来れないと言う荷物を家に届けに行く音。

途中で雨が降ってきましたが、傘を買うお金が無く、

ずぶ濡れになって荷物を届けます。


一方、練は佐引にスピカーの件を話す。

「あれは佐引さんがいい加減な仕事をしたからです。俺はそんなことかぶれません」

もうひとりの先輩が

「お前、佐引さんみたいに腕立て300回できるの?」

佐引は

「300出来たら俺が弁償するよ」

練は腕立て伏せを始めます。

182回したときに社長が事務所に戻ってきた。

腕立てをする練を見て社長は

「お金だったらもう、返さなくていいんだよ。

昼間、あんたの知り合いが来て20万円置いていったよ

良いところに勤めていそうな素敵なお嬢さん」

その話を気いた、練は必死になり腕立てを続ける。

「俺のじゃないんで。俺の金じゃないんで」とつぶやきながら・・・


春寿の杜にずぶ濡れになりながら荷物を届けてきた音が帰ってきた。

施設には御曹司の朝陽がいた。

濡れた服を着替えに行く音に朝陽が話しかけた。

「お帰り音ちゃん、ご飯いこうよ。なにか凄いシフト入れられているね。」

「御曹司だったら人手が足りないので増やしてください」

「なんでそんなに俺に冷たいの?御曹司嫌い?」

「御曹司だから好きとか嫌いとかありません」

「好きな人いるの?」

「います」

「どんな人?」

「わかりません」

「なんでわかんないの」

「1年前にちょっと会っただけだからです」

「なにそれ、おかしくない?」

「おかしない?恋て会っている時間じゃなくて、

会わない時間に生まれるもんじゃないんですか」


同じ頃、連は木穂子と喫茶店で会っていた。

「怒っている?勝手なことしたの・・・悪かったと思っている」

練が怒っていると思い恐縮する木穂子に笑顔で練は

「ありがとう。木穂ちゃんのおかげで助かりました。

本当に助かりました。必ず、絶対に返します」

怒られると思っていた木穂子は戸惑った様子でうなずく。

ここのお店の支払いは自分が支払うといった練ですが

伝票を見ると、2310円。

財布の中には1000札が1枚と小銭しかない。

結局、30円足りなくて木穂子に借りることに。

「ごめん木穂ちゃん、すぐ下ろすから30円貸してください」

30円を出そうとするが木穂子の財布には小銭がなく、

お札も10000円札しかない。

練のプライドを傷着けてしまうのでないかとためらいなからも

10000円札をさり気なく、店員に渡す。

練が出した2280円を自分の財布に入れ

「ごちそうさま」
木穂子の気遣いが伝わってきます。


『春寿の杜』では音がフラフラになりながら仕事をしています。

寝不足で体力の限界なのでしょう。

早く玲美に来て欲しいと思いながら事務所にしゃがみこむ音。

そこに、やっと玲美が現れた。

「本当に遅番やね・・・」と疲れきった顔で精一杯の笑顔で話す。

時刻は23時54分、既に終電が終わっている時間。

仮眠室でひと晩過ごそうとしていると

先輩から深夜バスがあると聞かされ、帰ることに。

バスの中でも疲れきった表情の音は雪が谷3丁目のバス停で

下車、このバス停は練が通勤で毎日使っているところです。


その頃、練は自宅に帰る途中でいつもの子犬に餌をあげようと行くが

子犬がいない。そこへ子犬の飼い主が新しい犬を連れて帰宅。

子犬が捨てられたと悟った練は必死に子犬を探し出す。

疲れきって、今にも倒れそうな状態でフラフラと歩く音。

音の耳に子犬の悲しそうな鳴き声が聞こえました。

あまりにも悲しそうな鳴き声に何かを感じた音は子犬の鳴く方向へ。

そこにはフェンスに鎖で繋がれた子犬が・・・・・

捨てられたのでしょう。音は子犬を抱き上げて歩き出す。

しかし、寝不足と仕事で体力を消耗している音は横断報道で

信号待ちをしているところで体力が限界になり座り込んでしまいます。

子犬を探し回る練の耳に鳴き声が・・・・・

m_mdpr-1559980.jpg
http://news.goo.ne.jp/article/mdpr/entertainment/m... 写真引用

横断歩道の向こうには子犬を抱えて動けなくなっている女性が。

急いで駆け寄り女性の顔を見ると、音だ!

近づいて来た男性に気がつき顔を見るとそこには必死に探していた練がいた。

「会えた・・・・・」呟く音。

無言でうなずく練。

「ごめん。引越し屋さん、ちょっとこの子持ってくれる。

引越し屋さん?出来たらでいいんやけど、名前教えて。電話番号教えて。

私も、東京で頑張っているから」

練は音をおぶってひとり暮らしのおばあさん仙道静恵の家に向かう。

子犬に餌をあたえ、音を寝かしつけると練は福島の祖父の電話を入れる。

東京で頑張っている事を話し、祖父の近況を伺う。そして、

「じっちゃん、俺まだしばらく帰れねぇ。俺東京で頑張っているから、

東京でもっちょっと頑張るから、待っててくだせ。さすけねぇ、さすけねぇべ」

泣きながら祖父と電話をする練を見て音も布団のなかで

昔のことを思い出したのか涙ぐむ・・・・・・・

翌朝、静恵にお礼を言う音に

静恵は「いつでもおいで」と笑顔で話すと音は嬉しそうな表情を浮かべる。

東京に出てきて1年ひとりで暮らしてきて、

初めて人のぬくもりに触れたのでしょうか。

そして静恵からメモを渡される。そこには『曽田 練』と『電話番号』が。

春寿の杜に出勤して来た音に先輩が

「あなた、井吹さんが本当にスタップをナンパするためにここに

来ていたと思っていたの?本人は隠したがっているけど

彼は認知症のケア専門職を志している人よ」と話す。

認知症のおばあさんに一生懸命に話しかける朝陽の姿を見て

音は自分が朝陽のことを誤解していたのではないかという表情に・・・・・

仕事が終わり、アパートに戻った練。木穂子がカーテンを買ったと待っていた。


【第3話ネタバレ】

木穂子は練のアパートのカーテンを替え、調理器具や食器なども買い揃える。

木穂子は練に勤務している広告代理店で自分が提案した企画が、

採用されたと練に報告する。

ある日、本社から派遣されて音が勤める介護施設『春寿の杜』で働くことに

なったと朝陽から聞かされる。

夜勤を終え、静恵の家に立ち寄ろうとした音は、練と木穂子が一緒にいるところに

出くわす。練からは彼女だと、木穂子のことを紹介された。

音が居なくなった後、練は木穂子に「俺だけを見てくれないかな」と交際を申し込む。

木穂子は嬉しいと応えるが・・・・・・・

一方、小夏は晴太とヘアサロンやセレクトショップを訪れる。

そして、小夏は晴太から儲かるバイトを紹介してもらった。

練は木穂子を食事に誘い、金券ショップでプラネタリウムの

チケットを買い、木穂子を待っていたが何故か彼女は現れない。

諦めて、バスに乗った練は仕事帰りの音と一緒になった。


月9ドラマ『いつ恋』あらすじ&第2話ネタバレと視聴率 [ドラマ]

有村架純さん初主演月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

スタートしましたね。

第1話の視聴率が11.6%でした。


第1話あらすじと第2話ネタバレと感想をまとめてみました。



スポンサーリンク







【第1話あらすじ】

母親を亡くした杉原音はお骨を抱いて迎えに来た林田雅彦(柄本明)に

「杉原音です。よろしくお願いします。』と挨拶。

「あんた今日から林田音だ。おじさんのところの子供になるんだ」


冷たい感じのおじさんですね。 


車のなかでお母さんの骨壷に絵を書きながら「ほんまやろか」と呟く音に

雅彦は「関西弁は直しなさい」と一言・・・・・

本当にこれからこの人と生活するのかと何だか幼い音が心配になりましたよ~


車が着いたところは雅彦の家がある北海道、一面の銀世界!

初めてみる雪に感激する音。

「めっちゃ白いで。これなに?これなんやの?これなんやの?」と大喜び。

雪を初めて見て無邪気に喜ぶ音が可愛いですね。

hirasawakokoro-koyaku-itsukoi_1-660x400.jpg
https://elle-dk.com/hirasawakokoro-koyaku-itsukoi/ 写真引用

2009年秋のある朝



曽田練(高良健吾)が生活する古びたアパートに親友の中條晴太(坂口健太郎)が

「北海道回ってきた」と突然現れた。


そんな練はは運送会社で引越しの仕事をしているが先輩たちからこき使われ、

御祝儀を頂いても、全部先輩たちに取り上げられる。

引越し作業が終わって会社に帰ると女社長からトラックに

荷物を詰め込む作業を命じられ、ヘトヘトになって帰宅する。

CWucYWWVEAAcov5.jpg
http://whotalking.com/%E9%AB%98%E8%89%AF%E5%81%A5%... 写真引用

晴太が北海道で拾ったという女性物のバックから

林田音の名前が書いてある森田クリーニング店の会員カードが出てきた。

そしてバックの中には『音へ』と書いてある手紙を見つけ読んでしまう。

手紙を読んだ練はこれは絶対に返さなければいけないと思い、

森田クリーニング店の住所を頼りに会社のトラックで北海道に向かった。

森田クリーニング店に着く手前でトラックが故障してしまうが

修理工場が休みのため徒歩で森田クリーニング店へ。

クリーニング店には若い店員(林田音:有村架純)がいて会員カードを見せ、

「この人わかりますか?林田音さん」

林田のネームプレートをしていた店員は素早く裏にする。

「林田音さんは亡くなりました。死にました。

お金を盗まれたショックで。盗んだ人のことすごく恨んで」

友人がバックを持ってきたことが原因で音が自殺をしたと

聞き、責任を感じお墓の場所を聞いて店を出た練を女性店員が

追いかけ、

「あなたはなに?」

「東京から来たんです」

「林田音さんになにか用ですか」
と聞かれ、練は女性用のバックを差し出すと

「ドロボー!2060円入っていたでしょう・・・返して」
「林田です。2060円置き引きされた林田です」


音と練の出会いです・・・・・



「本当に東京から返すために来たの?本当にあなたが盗んだんじゃないの?」

うなずく練を見て信用したような音。

本当の目的である手紙を音に渡そうとする練に

「読んだ?」
「ごめんなさい。けど読んだら絶対返さなくちゃいけないやつだと思って。

返しますあなたの母さんからの手紙」」

「捨てておいて」と一言残して

音は帰ってしまった。



家に帰ると、里親の雅彦が決めた婚約者で資産家の白井篤史が42インチのテレビを

家に設置してもらい、そのうえ高級時計までもらい大喜びの雅彦、

籍だけでもすぐに入れようと音の気持ちを後回しにして話を進めていく。


練は故障したトラックの中で仮眠をしていると石を投げている

音に目を覚まし、外にでるとそこには音がいた。トラックの品川ナンバーを見て、

東京の事を色々興味有り気に聞く音。

楽しそうに話すふたりには恋の予感が・・・・・・・

151214-i244.jpg
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2015/i/151... 写真引用

クリーニング店で働く音は3ヶ月も服を取りに来ないシングルマーザーの

お客さんの伊藤さん宅へクリーニングを届けに行く。


そこにはお金が無く、電気・ガスを止められ家賃滞納のため

退居勧告されて悲惨な状態の伊藤母娘の姿が・・・・

そんな母娘の姿が可哀想になり婚約者の篤史にお金を貸して欲しいと

お願いするが篤史から出た言葉は

「後先考えずに子供を生んだ人なんて甘やかせちゃいけない」

冷たい返事が返って来てこの人を愛することは出来ないと音は思う。


家に戻った音は雅彦の前で正座。


「わたしね。おじさんとおばさんにすごく感謝しています。
一生かけて恩返しします。でも、ひとつだけお願いがあります。

好きでない人と結婚したくないの。お願いします。
わたしをこの家において下さい。三人で暮らさせて下さい」と頭を下げる。

雅彦は怒った表情で一言

「恩知らずが・・・」

突然、おばさんの知恵が苦しみだし、急いで家を飛び出し、

知恵を病院に連れて行こうと車を拾いに行く音を偶然、

練のトラックが通りかかり、練が病院まで運んだおかげて

容態が落ち着き病室に入ろうとすると音に

「カー!」と睨みドアを閉めてしまった雅彦。

寂しく病院の外に出るとそこには練が待っていた。

「家まで送ります」

「家じゃなくてもいおいです。ファミレスに行きたい」

病院に駆けつけた篤史がトラックの助手席に座り

病院を出発する音の姿を見ていた。

杉原音-役 有村架純.jpg
http://xn--p8j2bhdbq15a.com/dramamovie/6230/ 写真引用

ファミレスに入るのは初めてだった音は大はしゃぎ。

メニューを見て

「どうしよう。決められない」

練はハンバーグを指差し、 「これは?」
音は

「じゃあハンバーグにする。大根おろしとトマトソースどっちにしよう」
「両方頼んで半分ずつしよう」

注文する際も呼び出しチャイムを初めて使う音は楽しそう・・・

本当にファミレスに来て嬉しくてしょうがないのでしょう。


「付き合っている人いる?」と聞く音に

練は彼女の話をする。

東京の恋人同士がどんなデートをするのか興味深々な音は

次から次へと質問・・・・彼女のファッションや自分のファッションまで

楽しそうに会話をするふたり・・・・・

本当に恋人同士のような雰囲気。


しばらくして、急に寂しげな表情で音は

中3から校3まで付き合っていた彼氏の話しを・・・

本当に好きだったとしみじみと話す音。

その彼は今、札幌の大学に行っているという。

本当は音も彼と一緒に大学に行きたかったのだろう・・・・・

寂しそうに話す音に練は
「また好きな人に出会えますよ」と話すが



「白井さんと結婚することにしました。

さっき病院できめました。ありがとう、

手紙を持ってきてくれて。
ほんまに嬉しかった。結婚する。」

ファミレスから音を家に送ってもらい別れ際に

「なんでわざわざ東京から手紙持ってきてくれたん?」

「おんなじだから、俺にも親がいねぇ。」

家に着くと篤史がいました。

「お二人送って来たよ」

「ありがとうございます」

篤史の手には雅彦にあげたはずの高級腕時計が
「はっきりしない理由がわかったよ」

捨て台詞を吐いて帰って行く篤史。

結婚話しはなくなりました。


家に入ると母親の骨壷がない。

雅彦がお骨をトイレに流したのか

呆然としている音に雅彦は新たな縁談話しをする。

「いいよ。もう、わたしいらない。いらない。消して・・・」

縁談話を承諾する音を見ておばさんの知恵が

「音、逃げなさい。もう、あんたの好きなところに行きなさい。」

生きる望みをなくした音のその姿をみた知恵が

もう音を自由にさせてやりたいと思ったのでしょう。

雨の中、家を飛び出した音の姿に気がついた練はトラックに乗せ、

東京へ向かって走り出す。

助手席に座っている目の前にダッシュボードから

まだ捨てていなかった手紙が・・・・・・・


音へ、

今真夜中の2時を少し回ったところです。

今が最後のチャンスかも、そう思って

病院の方に便箋とペンを借りました。

もうあんまり字が上手に書けなくて恥ずかしいけど、

便箋を光にかざすと小さな花びらが浮かびます。素敵でしょ?

 音、お母さんは、そろそろ居なくなります

あっと言う間だったね。時間が足りない。

まだ、何も出来ていない。まだ死ねない。

あなたをひとり残してしまうの。

 音、あなたを父親のいる子にしてあげられななかったこと

何度、後悔しても足りません。

お母さんはもう髪を結んであげることもできません。

それでもお母さん、あなたを産んで良かったと思っています。

あなたはとても質問の多い子だった。

なんで水は濡れるの?

髪の毛はどんどん伸びるのに、なんで眉毛はちょうどで止まるの?

どうして寂しい気持ちはあるの?

あなたには絵本が必要なかった。

自分で作った物語を私に話して聞かせながら、眠りに着くから。

歩くのが早い私の後を“大丈夫や”そう言ってついてくる

小さなあなたを見ていていつも思いました。

この子には人生を切り開く強い力がある。

 音、沢山の人に出会ってね。自由に見て、自由に話して、好きなように生きて。

それはあなたは心に持って生まれた大切な宝物だと思う。

あなたはいつか学校に行って、友達を作るのかな。

中学生になって高校生になって誰かを好きになるのかな。

どんな恋をするのだろう。恋をすると嬉しいだけじゃなくて

切なくなったりするね。きっと人が寂しいて気持ちを持っているのは

誰かと出会うためなんだと思います。

時には人生は厳しいけど恋をしているときは忘れられる。

恋をしてそしていつか、たった一人の人に出会えるといいね。

その人はきっとあなたの質問に応えてくれる。

あなたの物語を聞いてくれる。

あなたが生まれたことを喜んでくれる。

ぶどうの花はぶどうの味がする、バナナの花はバナナの味がする。

愛するって心から心へと残していくことだと思う。

音が笑ってる時、お母さんも笑っている。

音が走ってる時、お母さんも走っている。

大好きな私の娘。

大好きな音。

愛しています。

どうか幸せに。

                     母より



母親が残していく大切な娘にあてた手紙です。

幼い子供を残して旅立つ悔しさ、切なさ、

手紙を書いている母親の気持ちを考えると

本当に辛い思いだろうと涙が出てきます。

手紙を読みながら今まで苦労して寂しい思いをしながらも

明るく前向きに生きて来た音の回想シーンは

涙無くして見れない場面でした・・・・・

2-3-246x164.png
http://xn--gdkzb6a0551bz3a.xyz/archives/tag/%E3%81... 写真引用

手紙を読んで号泣する音。

練は無言でトラックを走らせている。

東京に着いた音は友達が働いている居酒屋を訪ね

しばらく世話になれないか聞きにいく。

「すぐに戻ってくるね」

トラックを降り、友達の所へ向かう音。

ふたりの恋が始まり新しい人生のスタートか・・・と

思ったところに練の幼馴染の市村小夏が現れ抱きついてきます。


友達に会えなかった様子の音が戻るとトラックと練がいなくなっていた。

『それきり、その人と会うことはなかった』

東京にきて一年が過ぎ、杉原音としてガソリンスタンドで働いている


【第2話ネタバレ】

音が東京に来て、1年が過ぎ古いアパートを借りて介護施設『春寿の杜』で働いていた。

出勤前と帰宅途中にアパートから徒歩20分の雪が谷大塚駅の前で練を探していた。

練や悪友の晴太(坂口健太郎)がたまり場にしているひとり暮らしの

静恵(八千草薫)の家に出勤前に立ち寄るのが日課になっていた。

引越し作業中の練たちは、荷物の中にあったビンテージのスピーカーを壊してしまう。

先輩がいい加減な扱いをしたために壊れたのだが運送会社の社長は

スピーカーを設置した練にその弁償を命じる。

音は毎日ヘトヘトになるまで働いていた。そんな音の前に

『春寿の杜』を経営しているグループ企業の御曹司・朝陽(西島隆弘)が現れる。

朝陽は音に興味を抱く・・・・・・・



1年が過ぎて練に会えない音。そこに現れた朝陽、音の恋はどのように

なっていくのでしょか。第2話が楽しみですねヽ(´▽`)/


★この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう【月9】ネタバレ&あらすじ

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう【月9】ネタバレ&あらすじ [ドラマ]

1月スタート月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっとないてしまう』が

今、大人気の有村架純さんと高良健吾さん主演でいよいよ放送されますね。

脚本が『東京ラブストリー』を手掛けた坂元裕二さんということで

楽しみにしている人も大勢いるのではないでしょうか。



スポンサーリンク








番組公式HPには放送を楽しみにしているファンから続々と

メッセージが届いており、主演の二人への応援や期待する言葉以上に

坂元裕二さんが手がけることで待ちに待った坂元ドラマが見られると

いうメッセージも届いています。

数々のヒット作を出している坂元裕二さんですから坂元ファンにとっては

たまらない作品になるのではないでしょうか。

坂元裕二さん自身も『自分にとって最後の月9ドラマ』と

話していますから高視聴率をあげるの間違いないのではないでしょうか。

そこで『泣けるラブストリー』ということで話題になっている、

『いつかこの恋を思い出してきっとないてしまう』の

ネタバレ&あらすじを書いていきたいと思います。

1df9fbcd5b0a1e17da5d0ff012994067.png
http://lockontopic.com/1850.html 写真引用


【キャスト紹介】

杉原 音・・・・・有村架純

曽田 練・・・・・高良 健吾

日向 木穂子・・・高畑 充希

伊吹 朝陽・・・・西島 隆弘

市村 小夏・・・・森川 葵

中条 晴太・・・・坂口 健太郎

神部 正平・・・・浦井 健治

井吹 和馬・・・・福士 誠治

加持 登・・・・・森岡 龍

船川 玲美・・・・永野 芽郁

丸山 朋子・・・・桜井 ユキ

源 大輔・・・・・我 善導

西野 美織・・・・林田 岬優

白井 篤史・・・・安田 顕

林田 知恵・・・・大谷 直子

曽田 健二・・・・田中 泯

林田 雅彦・・・・柄本 明

佐引 穣次・・・・高橋 一生

柿谷 嘉美・・・・松田 美由紀

井吹 征二郎・・・小日向 文世

仙道 静恵・・・・八千草 薫

CVwTv9EUwAAF_Co.jpg
http://u-plan.info/takahatamitsuki-2/ 写真引用

【ネタバレ&あらすじ】

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の原作がないか

色々調べてみましたが全く情報がなく、今回のドラマのために作られた

オリジナルのようです。


主人公の杉原音(有村架純)は女手ひとつで育ててくれた母親を亡くし、

林田雅彦(柄本明)・知恵(大谷直子)夫妻の住む北海道の町で育てられていた。

介護がないと生活ができない状態の知恵を音は一生懸命に介護をし、

雅彦から家政婦扱いされてもやりたい事を色々あきらめ、

そして、20歳年上の資産家との結婚を勧められ悩む日々を

過ごしながらもひたむきに明るく生きている。




もうひとりの主人公・曽田練(高良健吾)も両親が幼い頃に失い、

福島で農業をしている祖父・曽田健二(田中泯)に育てられた。

健二が騙し取られた畑を取り戻すために上京して運送会社に勤め出すが

人を疑うことを知らない健二は先輩たちからひどくこき使われ、

毎日ヘトヘトになるまで働くが給料は安く貯金が出来ない状況で

古びたアパートで苦しい生活をしている。

練には日向木穂子(高畑充希)という恋人がいて、練のアパートへは

日常的に泊まりに来ている。人の良い練は騙せれて借金を作ってしまうが

木穂子は練に金の工面もしていた。

ある日、練は悪友の中條晴太(坂口健太郎)が旅先の北海道で

拾ったカバンの中から『音へ』と書かれていた手紙を見つけ

読んでしまう。これは絶対持ち主に返さなければいけないと

感じた練は北海道に向かい、練と音が運命的な出会いをする。

そして、二人は東京行きを決めたが東京で迷い、会うことが出来ない。

別々の生活を送る日々が続く・・・・・・・

1124.jpg
http://hayaritrend.com/dorama/post-2421.htm 写真引用

タイトルが『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』ですから、

切ないラブストリーになってしまうのでしょうか

いずれにしても涙が流れるようなストリーになるのではないでしょうか。

脚本の坂元裕二さんは今回が月9ドラマ10作目になります。

きっと『東京ラブストリー』同様に心にのこる作品になることでしょう。

★この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。
いつ恋 第5話ネタバレ・感想 ~号泣する小夏に感動!小夏は凄い~                        ◆月9ドラマ『いつ恋』あらすじ&第2話ネタバレと視聴率                         ◆月9ドラマ『いつ恋』あらすじ&第3話ネタバレと視聴率                         ◆月9ドラマ『いつ恋』第3話あらすじ&ネタバレと視聴率 

『わたしを離さないで』あらすじ&第2話ネタバレ!! [ドラマ]




スポンサーリンク







100万部を超えるベストセラーを記録した

日系イギリス人作家カズオ・イシグロさん原作『わたしを離さないで』の

テレビドラマがスタートしました。今、大人気の綾瀬はるかさんがヒロインを

演じると話題になっていますよね。

その『わたしを離さないで』のあらすじ&ネタバレを書いていきます。

無題.png
http://twitter.whotalking.com/topic/%23%E3%82%8F%E... 写真引用

【第1話あらすじ】

《特殊な学校》


手術室で男性の治療?????

そうではなく移植するための臓器を取り出しています。

その様子を見つめる主人公・保科恭子(綾瀬はるか)

臓器を取り出された男性は危篤状態!

「血圧低下」と告げる看護師に医師は

「いいんじゃないか。もう4回目だろう」
衝撃的な言葉ですね。臓器提供するだけの人間として扱われ、

4回目の提供だからもう御用済みということなのでしょう・・・・・


手術室の外で待っている恭子は男性を引き取り、

別室で男性に注射をすると息絶えてしまいます。

亡くなった男性の遺体を無表情で焼却処分する恭子。

臓器を提供して息絶え絶えの男性を安楽死させ、焼却処分にするということを

普通のことのように、何の感情も出さずに無表情で作業をする主人公の姿に

これから展開していくドラマの恐ろしさを何となく感じました。


自宅に戻った恭子はベットの下から思い出の品を引き出し、

CDをしげしげと眺めています・・・・・・


話は20年前に戻ります。


恭子(鈴木梨央)は陽光学苑の小学校4年生。

写生をしていると新任の先生・堀江龍子が赴任してくる。

一言恭子に声を掛けた龍子は授業中の生徒を見て、

継ぎ接ぎだらけ、穴だらけ、サイズが合わない服をきている

姿を見て何か違和感を覚えたような表情。


陽光学苑は変わった学校のようです。

周りは高い壁と有刺鉄線に囲まれ外界とは隔離され、周りは森。

授業と言えば時間割をみるとほとんどが図画。

国語・算数・理科はあるが社会がなく、代わりに『心』という授業があります。

外界と隔離されている学校ですから外の情報は伝える必要がないためでしょう。

生徒達は週1回の健康診断、そして生徒たちには校則違反をしたら外の森に

捨てられる運命と伝えられ、森には殺人鬼がいて、捨てられた子供は

内蔵を取られ、皮だけにされて木に吊るされるという噂があり

生徒達は信じている。

default_c05a03eb5ea767c0bb8cf9f1dac15505.jpg
http://laughy.jp/1452129524901136442 写真引用

《恋心》

恭子の同級生・土井友彦はサッカーが得意少年。

しかし、陽光学苑では絵がうまい子供が認められる教育方針のため、

絵が苦手な友彦はいつも皆から馬鹿にされ、仲間はずれにされている。

馬鹿にされるとすぐにカンシャクを起こす友彦。

絵が苦手なうえにカンシャク持ちの友彦はいつもいじめられていた。

そんな友彦の事が気になる恭子。恋心抱いているのでしょう。

そんな友彦に新任の龍子は絵が苦手でもサッカーが得意だということは

素晴らしい事だと教え、

そして

『世の中には魂の素晴らしさを表現するものはいっぱいあるんだよ。世界は君が思っているよりとっても広いの。

君達は本当のことを教えられていない。』と話す。

龍子と話した友彦は元気になり、今まで自分のことを

気にかけてくれていた恭子にCDをプレゼントする。

二人は音楽室でそのCDを聞きながら楽しそうに踊っていると

その様子を影から涙を流しながら見ている女性。

その女性は『マダム』と呼ばれていて定期的に陽光学園に来ている女性。

恭子と目があったマダムは慌てて涙を拭いて校長室へ向かう。

5f008dff615a5fd7634cd8773fb1e863.jpg
http://blog.goo.ne.jp/kurobuchi45/e/7993bb8eea587e...写真引用

《生徒達の使命》

校長室では神川恵美子校長と美術教師・山崎次郎が龍子ともめている様子。

龍子が友彦に『スポーツは絵を書く事くらい価値があることだ』

教えたことが問題になって言い争っている。

どうしても学校の教育方針に納得の行かない龍子は校長に詰め寄ると

校長は

「あの子達は普通の子ではありません。特別な使命があります」

無表情で答える。

その“使命”について龍子は校長に
「本人たちは知っているのか?伝えるべきではないと思っているのか?」

問うと校長は一言「今年は早目ましょうか」と一言。

本来は4年の終わりに話すことになっている“使命”について早々に

話すことになる。


4年生全員が講堂に集められ校長が話し出します。

「もしかしたら上級生から聞いたり噂で知っている人がいるかも知れませんが」

と切り出し

「あなた達は普通の人間ではない。生まれながら果たさなければいけない使命があります。

それは“提供”という使命です。あなた達は病気になったり、怪我をした人のために自ら体の一部を提供

するために作り出された特別な存在、天使なのです」

初めて自分達の使命を聞き驚きを隠せない生徒達に先生は拍手を促す。

なんか本当に恐ろしい世界ですね。本来であれば自分の運命を聞き

絶望している子供達に拍手を促すとは・・・・・・・


【第2話ネタバレ】

校長の神川恵美子から自分たちが背負った“特別な使命”について

聞かされた恭子たちは、それぞれ思い思いに事実を受け止め、

幼いながらも運命を受け入れていた。

しかし、友彦だけは学苑を囲う塀を見つめ、外の世界に想いを巡らせている。

一方、龍子は残酷な使命を背負った子どもたちを天使だと洗脳している

ことに我慢できず、校長に「偽善にもほどがある」と詰め寄るが、

何も感じていない校長に辟易してしまう・・・

そんな中、年に一度の展示会が迫ってきた。

陽光学苑の生徒たちにとっては販売会で使える

コインをもらえる重要な機会がやってくる。

美和たちは、マダムから作品を選んでもらおうと一生懸命創作活動に取り組む。

一方、現代の恭子(綾瀬はるか)は、自分からすべてを奪った女・美和(水川あさみ)と再会した。


【まとめ】

第1話は楽しく過ごしていた陽光学苑は本当は自分達の

臓器を提供するためだけに育てる学校であったことを

子供たちが知らされてしまいました。

今まで、明るかった子供たちがどのように変化していくのでしょうか・・・・・

そして、2話からは大人になった恭子たちの出番が多くなって来るようです。

少しずつ、“提供”という時期が近づくなかで恭子、美和、友彦たち三人の

運命はどのようになっていくのでしょうか・・・・・

これからの展開が気になりますね。

★この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。
わたしを離さないで【ドラマ】 ネタバレ&あらすじそして気になるロケ地情報                        ◆鈴木梨央は歌がうまく、かわいいのに何故?性格が嫌いと言われる? 

わたしを離さないで【ドラマ】 ネタバレ&あらすじそして気になるロケ地情報 [ドラマ]




スポンサーリンク







原作が100万部を超えるベストセラーになった『わたしを離さないで』

TBSから初めてドラマ化すると話題になっています。

そこで『わたしを離さないで』のネタバレ&あらすじと気になる

ロケ地情報を書いていきます。

o0800064513519601089.jpg
http://ameblo.jp/sonsan16/entry-12109445454.html 写真引用

【原作あらすじ】・・・ネタバレ注意!

原作者は日系イギリス人のカズオ・イシグロさんです。

英国では100万部を超える大ヒットになったベストセラーです。

原作をもとに、あらすじを紹介します。

外部から隔絶された寄宿学校ヘールシャムで育てられた3人が主人公です。

3人の名前はキャシー、ルース、トミーで

幼い頃からずっと一緒にいる、仲の良い同級生です。

寄宿学校ヘールシャムは緑豊かな自然に囲まれた学校で

周りには境界線があり、その境界線から外に出ることが許されない規則がある。

規則を破ったある男の子は肢体を切断され木に括りつけられた。

また、ある女の子は境界線から出たら中に入れてもらえずに

境界線のそばで餓死してしまった。などの噂が信じられていた。

そんな寄宿学校で生活する仲良し3人の関係は、

キャシーがトミーのことに好意を持っており、トミーも同じく

キャシーの事が好きだった。そんな二人を見ていたルースが

嫉妬して、トミーにちょっかいを出す。そして二人がキスしている

現場をキャシーが目撃したことで3人の関係が気まずくなる。

18歳になった3人は寄宿学校を出て農園にあるコテージに

住むようになる。その時に3人のこれからの使命を校長先生から

告げられる。

4158Y78AT3L.jpg
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%9... 写真引用

その使命とは・・・・・3人は臓器提供者であること!

寄宿学校の子供達は臓器提供のために育てられたクローンであり

臓器提供が出来る年齢になると、提供する相手が現れると

臓器を提供しなければいけない。

この施設は臓器提供をするための子供を育てるための施設だった事を知らされる。

その臓器提供も、3~4回くらい行うと命も無くなると・・・・・

コテージで共同生活をする事になった3人だがルースとトミーが

付き合っている姿を見ているのが辛くなったキャシーはコテージを

出て行ってしまう。しばらくしてルースとトミーも別れてしまい、

結局3人はバラバラになってしまった。

数年後に再開した3人。ルースとトミーはすでに2回の臓器提供を

行なっており、トミーは元気だったがルースの体調はすでに限界に来ていた。

ルースはキャシーにトミーのことを嫉妬から取ってしまうような行為を

してしまった事をずっと後悔していた事を話し、許して欲しいと話す。

もう、既に体調がわるく、次の臓器移植で自分の命がなくなる事を

悟っていたのでしょう。

ルースが亡くなった後、キャシーとトミーは恋に落ちますが

臓器提供者という悲しい運命が待っています。

sG2A3mZswjaqzcn_9399.jpg
http://girlschannel.net/topics/546819/ 写真引用

【キャスト紹介】
保科恭子・・・・・・・・綾瀬はるか

土井友彦・・・・・・・・三浦春馬

酒井美和・・・・・・・・水川あさみ

保科恭子(幼少期)・・・鈴木梨央

土井友彦(幼少期)・・・中川翼

酒井美和(幼少期)・・・瑞城さくら

真実(子役)・・・・・・エマ・バーンズ

珠世(子役)・・・・・・本間日陽和

花(子役)・・・・・・・濱田ここね

神川恵美子・・・・・・・麻生祐未

堀江龍子・・・・・・・・伊藤歩

山崎次郎・・・・・・・・甲本雅裕


【ドラマ ネタバレ】

原作からわかるのは主人公のキャシーが綾瀬はるかさん、

ルースが水川あさみさん、トミーが三浦春馬さんですね。

ストリーとしては原作とほとんど変わりはないようです。

そして、重要なのは3人の幼少時代です。

子役としては今大人気の鈴木梨央ちゃんが綾瀬はるかさんの幼少期、

中川翼君が三浦春馬さん、瑞城さくらちゃんが水川あさみさんの幼少期を

演じます。かなり豪華キャストを揃えましたよね。

また、寄宿学校の校長先生には麻生祐未さんが演じています。

3人の三角関係がどのようになっていくのかそして、

3人とも悲しい結末を迎えるのか。どちらにしても悲しいドラマで

涙なくしては見られないドラマになるでしょう。

【ロケ地情報】

宇都宮市内でのロケが行われたそうで、年明けには100人の

エキストラが集まったそうです。

公式サイトのスタッフブログでは宇都宮大学キャンパスで

第一話の回想シーンの撮影が行われました。

また、寄宿学校は東京都北区桐ケ丘にある桐ケ丘中学校で

撮影したとの情報もあり、三鷹市の井之頭動物公園で水川あさみさんが

ロケをしていたという情報があり、『わたしを離さないで』のロケだと

思われます。

ドラマが始まりましたら多方面からロケ情報が入ってくると思いますので

追記していきます。


1月15日金曜夜10時スタートのTBSドラマ『わたしを離さないで』

楽しみになってきましたね!!


桐谷美玲主演!『スミカスミレ』ドラマ化!あらすじ&ネタバレ! [ドラマ]

スポンサーリンク







人気漫画『スミカスミレ』がドラマ化され、若手大人気女優の

桐谷美玲さんがドラマ主演すると、話題になっています。

テレビ朝日系で2月5日金曜夜11:15から放送されます。

スミカスミレは高梨みつば先生の集英社人気コミックで、

単行本は5巻発売されていますが、まだ完結していませんから

桐谷美玲さんのドラマがどのようなあらすじ&ネタバレなんかに

ついて書いていきたいと、思います。

fb194601dcba1805638836852c7c6203.jpg
https://mii2.jp/articles-169 写真引用

【あらすじ&ネタバレ】

如月澄はは幼い頃から家の手伝いをし、祖母の介護その後は

父・母の介護に追われ、青春らしい青春も送れず、

一度も恋をしたこともなく、気が付けばもう65歳になってしまった。

母親が亡くなった時に、「もう一度若さを取り戻して、人生をやり直したい」と

ふと思う。そんなある日、目が覚めると澄は20歳の姿になっている。

信じられない現実に戸惑いながらも、如月すみれと名乗り

青春をもう一度やり直す。


原作のコミックス『スミカスミレ』では

高校を中退して60歳から17歳の女子高生に若返りますから

ドラマは年齢設定が少し違うようです。


【出演者プロフィール&キャスト】

o0800117312931304729.jpg
http://ameblo.jp/poppys/entry-11842475160.html 写真引用

桐谷美玲・・・・・主人公・如月すみれ役

家事や祖母・父・母の介護をし、気が付けば65歳になっていた。

ひょんな事から20歳の大学生になる。

外見は20歳、中身は65歳という、変わった役柄。

《プロフィール》

生年月日:1989年12月16日

出身:千葉県

身長:163.5cm

血液型:A型

趣味:サッカー観戦

特技:ピアノ・ネイルアート

桐谷美玲さんは今、若手女優の中で人気、実力共に

トップクラスで注目されている女優さんですね。

高校1年生の時に、『千葉のナンバーワン美女』としてスカウトされ、

2006年に堀北真希主演の映画『春の居場所』でデビュー。

芸能活動をこなしながら高校に通学、そして2008年に

フェリス女学院大学文学部コミュニケーション学科に入学し、

メディア論、言語学、心理学を学ぶ。

2012年からは日本テレビの『NEWS ZERO』のキャスターを務め

多彩な才能を発揮しています。

d0339889_11560402.jpg
http://blog.excite.co.jp/enamimariko/22323254/ 写真引用


松坂慶子・・・・・如月 澄役

すみれ(桐谷美玲)の65歳の役。家事、介護に追われ、
独身のままで65歳になってしまう。

《プロフィール》

生年月日:1952年7月20日

出身:東京都

身長:162cm

血液型:A型

profile01.png
http://www.oikawa-mitsuhiro.com/profile/ 写真引用


及川光博・・・・・黎役

人間の姿をしているが実はすみれを65歳から20歳に

若返らせた化け猫。すみれを怖がらせないために

人間の姿になっている。

《プロフィール》

生年月日:1969年10月24日

出身:東京都

身長:175cm

血液型:B型

趣味:アニメ・宝塚歌劇団

母親の影響で宝塚歌劇団の大ファンで特に安蘭けいさんのファン。

妻は元宝塚歌劇団で女優の壇れいさんです。

無題.png
http://news.walkerplus.com/article/60402/image3364... 写真引用

町田啓太・・・・・真白勇征役

65歳の澄がバスの中で亡くなった母の骨箱を

落としそうになった時に助けたことがある。

20歳になったすみれとは同じゼミに所属している大学2年生。

《プロフィール》

生年月日:1990年7月4日

出身:群馬県

身長:181cm

血液型:O型

特技:ダンス・水泳・バスケットボール・剣道

趣味:スキー・スケート

01_59_01.jpg
http://gainer.jp/gallery/01_59.html 写真引用

水沢エレナ・・・・・幸坂亜梨沙役

真白勇征に好意を持っている大学の同級生。

真白と仲の良いすみれに嫉妬して意地悪をする。

《プロフィール》

生年月日:1992年3月21日

出身:名古屋市

身長:170cm

血液型:AB型

趣味:料理・読書・散歩

特技:韓国語

o043002901417146393-750b8f2a660985b139f0a2bef9f71ac9-430x290.jpg
http://news.ameba.jp/20141208-207/ 写真引用

竹内 涼真・・・・・辻井健人役

真白勇征の友人で同じアルバイトをし、同じゼミに所属している。

《プロフィール》

生年月日:1993年4月26日

出身:東京都

身長:185cm

血液型:A型

趣味:歌

特技:サッカー

iv_hk_mainimg.jpg
http://www.mext.go.jp/doutoku-hero/interview_hk.ht... 写真引用

小日向 文世・・・・・天野早雲役

如月家の墓を管理している天楽寺の霊感の強い住職

《プロフィール》

生年月日:1954年1月23日

出身:北海道

身長:164cm

血液型:O型

c3f6ffdd.jpg
http://lineblog.me/official/archives/1028975281.ht... 写真引用

高杉 真宙・・・・・天野 慶和役

天野早雲の息子。読経にダンスを取り入れようとする

軽いノリの僧侶

《プロフィール》

生年月日:1996年7月4日

出身:北海道

身長:170cm

血液型:A型

特技:空手・バイオリン

18fd17c3b122679c9cc280a22f2d572320150822131734037.jpg
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/1... 写真引用

高橋 ひとみ・・・・・小倉 富子役

如月家の隣人で澄の飼い猫のことで言いがかりをつけたりする主婦。

しかし、すみれと黎に会ってからは好意的な態度に変わる。


【第一話ネタバレ】

家事手伝い、祖父・両親の介護に追われ恋愛をすることもなく

青春時代も過ごせずに独身のまま、65歳になってしまった主人公・如月澄(松坂慶子)。

母親が亡くなり、納戸で遺影の写真を探している時に黒猫とカキツバタの

絵が描かれた古い屏風に指を引っ掛け屏風に血が付いてしまう。

しかし、血がなぜか屏風に吸い込まれ、消えてしまった。

納戸を出た澄はアルバムをみながら、青春という青春を過ごせなかった

昔を思い出し、『昔に戻って人生をやり直したい』と後悔の念が口に出てしまう。

その時、いきなり謎の男が現れ『承知した』と話しかけられ動揺する澄。

男の正体は屏風から飛び出した黒猫が人の姿に変えた黎!

屏風に縛り付けられていた黒猫が真澄の着けた血で封印を解かれたよう。

あまりの驚きに気を失う澄、目が覚めるとなんと20歳の若さに戻っていた。

澄はこの日を境に如月すみれ(桐谷美玲)と名乗り大学へ通う・・・・・

55f451a858143e5577ea1ab6773a87f0.jpg
http://www.tv-asahi.co.jp/reading/mailmagazine/134... 写真引用

『スミカスミレ』第一話はコミックスと同じストリーからのスタートになりますが、

桐谷美玲さんが20歳の体と65歳の気持ちを持った女性を演じるのか楽しみです。

昨年公開の映画『ヒロイン失格』では丸坊主姿を

披露して『可愛い』と話題にもなりました。

また、2014年には『世界で最も美しい顔100人』で日本人最高の8位にもなり、

2012年12位、2013年46位、2015年31位と4年連続ランキングされている、

本当に可愛くて魅力的な女性です。

可愛さと美しさだけではなく、知的さも持ち合わせている

桐谷美玲さんです。『スミカスミレ』で益々注目されることでしょう!!


タグ:桐谷美玲

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます